スピードの遊び方

2人で遊ぶゲームです。

台札(だいふだ)に続くカードを、自分の場札(ばふだ)から出していって、手札(てふだ)を早く全部(ぜんぶ)なくした人が勝ちです。
台札に続いて出せるのは、その台札の前後の数字のカードです。

スピードの遊びかた




スピードに使うカード

ジョーカーをのぞいた52枚のカードをつかいます。

スピードのルール・進め方

1.カードの配り方

ジャンケンで決めた親は、すべてのカードを赤のマーク()と黒のマーク()に分けます。

そして、自分の手札を赤・黒のどちらにするか決めます。

おたがいの手札の色が決まったら、相手の手札をそれぞれよくきって、裏向きのまま重ねて相手に渡します。

2.カードを場札に並べる

自分の手札を裏向きに重ねたまま手に持ちます。

自分手札の上からカードをとって4枚を表向きに並べます。この4枚が自分の場札です。

3.台札をおく

お互いに手札の1番上の1枚を台札として、場に表向きに出します。

そのさいに「スピード」などどかけ声をかけます。




4.台札に続くカードをだす

お互いが出した台札2枚の前後の数字のカードが場札にあれば、そこからカードを出せます。色やマークは関係ありません。

自分の場札が出せるかを見て、出せればすばやく台札の上に重ねます。

例えば台札が「K」の場合は、「Q」か「A」。Aの場合は「2」か「K」を出すことができます。

5.カードは早く出したほうがおけます

出せるカードがあれば、相手より早く台札に重ねなければいけません。

自分の場札はつねに4枚並んでいるように、出すたびに手札からたしていきます。

どちらかが出せるカードがなくても、もう1人が出せればゲームは続けて、カードを出していきます。

6.カードが続かなくなったら

2人ともが出せるカードがなくなったときは、はじめて台札を変えます。

そしてもう一回、「スピード」などとかけ声をかけて、手札の1番上の1枚を台札として出します。

新しい台札は、すでにおかれている台札の上に重ねておきます。

手札がなくなって場札しかない状態であたらしく台札を出すときは、場札の中からどれか1枚を出します。

7.カードがなくなったら勝ち

こうして続けていって、早く手札と場札をなくした方が勝ちです。