ババぬきの遊び方

同じ数字のカードを2枚組みにしてすてていって、早く手札のなくなった人が勝ちです。

ババ(ジョーカー)以外はすべて同じ強さになります。ババ(ジョーカー)が負けカードです。
最後にババ(ジョーカー)が、手札に残った人が負けです。




ババぬきに使うカード

52枚のカードとジョーカー1枚

ババぬきのルール ・進め方

1.カードを配る

親の人はカードをよくきり、左となりの人から時計回りに1枚ずつ裏向きにして、すべてのカードをくばります。

2.手札のペアのカードを捨てる

カードが全員にいきわたったら、それぞれ自分の手札を見て調べて、同じ数字のカードがあれば、2枚1組にして表面をむけたまま、中央の場にすてます。

3.時計まわりにカードを引いてすてる

全員の手札の整理(せいり)が終わったら、ゲームを始めます。

まず親の人は相手にカードの裏を向けて扇(おうぎ)の形に広げて、左となりの人に1枚ひいてもらいます。
この時、他の人にカードの表(おもて)を見られないように注意しましょう。

4.同じ数字のカードがあったらすてる

親や前の人からカードを引いた左となりの人は、そのカードを自分の手札にくわえ、同じ数字のカードがあれば中央の場に捨てます。

同じカードがなければそのまま自分の手札にくわえて、扇(おうぎ)の形に広げて左となりの人にひいてもらいます。




5.順番にカードを引く

そのまま時計回りの順にカードを左となりの人にひいてもらって、同じカードがあれば中央の場にすてていきます。

6.手札がなくなったら勝ちぬけ

ゲームを続けていって、早く手札がなくなった人から1位、2位、3位になります。

7.ジョーカーが残った人が負け

手札がなくなった人が出てもゲームはそのまま続けて、最後にババ(ジョーカー)を持っている人が最下位(負け)になります。