神経衰弱(しんけいすいじゃく) の遊び方

裏(うら)向きにならべたカードの中から、同じ数字のカードを2枚引き当てるゲームです。

手札は0枚からはじまりって、最後に1番カードの枚数が多かった人が勝ちです。

どこにどのカードがあったのかを覚えておける記憶力(きおくりょく)が大切です。




神経衰弱に使うカード

52枚すべてのカード(ジョーカーなし)

神経衰弱のルール

1.カードを並べる

よくきったカードを裏向きに重ならないように、ぜんぶ並べます。
きちんとならべないで、バラバラに置いた方がむずかしくなります。

2.カードをめくる

ジャンケンで決めた親の左となりの人から時計回りにゲームをすすめます。
ほかのゲームと違い、神経衰弱は順番がうしろの方が有利(ゆうり)なので、親は最後になります。

3.2枚のカードがそろったらもらえる

初めの人はふせてあるカードの中から2枚めくります。
その2枚が同じ数字のカードならペア成立で、自分の手札となります。ペアが成立した場合、さらに続けて2枚めくれます。
また、ペアが成功したら、失敗するまで何回でもカードをめくり続けられます。

4.数字がペアにならなかったら次の人へ

2枚選んでペアができなかったときは、めくった2枚を裏向きにもどし、次の人へ順番がまわります。
次の人も同じように2枚めくって、同じ数字のカードが出れば自分の手札にして、出なければカードを裏向きにもどし、次の人に順番が回ります。

5.カードがなくなるまでカードをひきます

順番に続けていって、すべてのカードが場からなくなったらゲーム終了です。

1番手札の多い人が、ゲームの勝ちになります。