大富豪の遊び方

大富豪(だいふごう)は、ほかの名前で大貧民(だいひんみん)とも呼ばれているトランプゲームです。

前の人が出したカードより強いカードを出していって、手持ちのカードを早くなくした人が勝ちです。

大貧民(だいひんみん)の遊びかた




大富豪(だいふごう)に使うカード

カード52枚とジョーカー1枚

カードの強さ

ジョーカーが1番強いカードです。

マークに関係なく、ジョーカー → 2 → A(1) → K(13) → Q(12) → J(11) → 10 → 9 → 8 → 7 → 6 → 5 → 4 → 3 の順番になります。

大富豪のルール・進め方

1.カードのくばり方

ジャンケンで親を1人決めます。

親はカードをよくきって、左となりの人から時計回りに1枚ずつ裏(うら)向きのまま、すべてのカードをくばります。

2.親がカード1枚を場に出す

親がカード1枚を場にだします。

親は、同じ数字であればカードを2枚以上まとめて場に出すことができます。
その場合、次にカードを出す人たちは出されたカードより、強いカードを同じ枚数だけ出さなければなりません。

3.前の人よりも強いカードを出す

時計回りの順番で、前の人が出したカードより強いカードを手札から出していって、ゲームを進めます。

ジョーカーや2のペアなどを出した人がいた場合、それより強いカードはないので、それを出した人の勝ちになって親になります。

出せるカードがない、または出せるカードがあっても作戦で出したくない場合は、パスができます。

4.だれもカードを出せなくなったら新しい場札を出す

さいごに場に出たカードより、強いカードをだれも出せなくてパスしたときは、さいごにカードをだした人が次の親になります。

次の親が決まったら、場に出されていたカードは、すべてよけてしまって、使うことはありません。




5.最初に出された枚数で出す

2枚以上のペアの場合

同じ数字であればカードを2枚以上まとめて場に出すことができます。
例えば、8の、8のなどの組み合わせです。
次の人は、出されたカードよりも強いカードで同じ枚数を出さなければなりません。

3枚以上の続きカードの場合

同じマークで数字が続いている3枚以上のカード出すことができます。これを階段といいます。
例えば、4の、5の、6のなどの組み合わせです。
次の人は、出されたカードよりも強くて、連続したカードを出さなければなりません。

6.革命をおこす

新しく場札を出すときに、同じ数字の4枚のカードを出すことを「革命」といいます。

革命になった場合、ジョーカー以外のカードの強さが逆になります。

ジョーカー → 3 → 4 → 5 → 6 → 7 → 8 → 9 → 10 → J(11) → Q(12) → K(13) → A(1) → 2

7.先に手札がなくなった人が勝ち抜け

新しい親から順番にカードを出していって、ゲームを続けていきます。
そして、最初に手持ちのカードがなくなった人が勝ちで、「大富豪(だいふごう)」となります。

残った人たちでゲームを続けていき、次に勝った人が「富豪」、次の人が「貧民」、最後に負けた人が「大貧民」となります。

3人でゲームをした場合は、「大富豪」、「平民」、「大貧民」になります。
5人以上でやる場合は、「富豪」と「貧民」の間の人たちがみんな「平民」になります。

8.2回目のゲームでカードを交換する

次のゲームの分のカードを配りおえたら、前のゲームできまった階級(かいきゅう)にしたがって、カードの交換をします。

「大富豪」は「大貧民」と2枚ずつ、「富豪」は「貧民」と1枚ずつのカードを交換します。

カードの交換方法

大富豪(いらないカード2枚)→大貧民
大貧民(最強上位カード2枚)→大富豪

富豪(いらないカード1枚)→貧民
貧民(最強上位カード1枚)→富豪